郵送タイプのダイレクトメールのメリットとは

郵送するタイプのダイレクトメールには、次の4つのメリットがあります。1つ目は伝えることができる情報量が多いという点です。封筒で送るタイプであれば、定形外や冊子小包のサービスを利用することで小冊子や雑誌まで送ることができるので、かなりの情報量を送ることができます。2つ目はビジュアル的な効果を期待できる点です。郵送であれはFAXやEメールと違ってカラー原稿を活用することができます。そのため、きれいで目立つ内容にすることができ、実際の商品の雰囲気なども感じてもらいやすくなります。3つ目は使用することができるリストが多い点です。郵送の場合はFAX番号やEメールアドレスなどが分からなくとも住所だけで送付することができます。4つ目はアイデア次第で開封率を高めることができる点です。中にサンプルやプレゼントなどを同封しておくことで興味を持ってもらいやすくなり、開封してもらえる可能性を高めることができます。

ダイレクトメールについて

ダイレクトメールとは、郵便サービスなどを利用して、個人宛てに送付される広告のことです。利用したことのある販売店や、クレジットカードの会社などが有する顧客情報のデータベースをもとに発送先が抽出され、届けられます。広告の形態としては、葉書や封筒などの小さなサイズから、パンフレットや雑誌などのボリュームを有するものまで様々です。広告の方法の特徴としては、時期ごとのサービスや新商品の案内をしたり、顧客との継続的な関係を形成するために有効とされています。また、送る対象を特定できて関心をひきやすいため、広告としての効率が良い反面、1人当りの単価が割高となるため、送付先の精度の確保が重要とされています。最近では、顧客のデータによって異なる情報を発信したり、インターネットと連携してダイレクトメール内で動画やサイトをみれるURLを表記するなど、様々な工夫がされています。

ダイレクトメールの送り方の種類と特徴

ダイレクトメールを送る方法には、大きく分けるとFAX、Eメール、郵送の3つの方法があります。それぞれの特徴はどういったところにあるかと言うと、まずFAXやEメールは配信するまでが非常にスピーディです。FAXはそれに加えて見てもらえる確率も非常に高く、レスポンスも早いと言った面があります。一方でEメールはコストが他の方法に比べて圧倒的に安いというのが特徴です。また、情報量もホームページと組み合わせれば多くすることができます。これらEメールやFAXに比べると、コストやスピード面などで後れを取ってしまうのが郵送ですが、郵送は情報量という点では量や質ともに大きなメリットを持っています。例えば、冊子や雑誌なども同封することができますし、色鮮やかなカラー原稿も多用できます。更に商品のサンプルやプレゼントなども同封することができるので、企画力次第で開封率を高められるとともに興味を持ってもらえる可能性も高くなります。

様々な分野の大手企業様をはじめ、250社以上のお取引実績が御座います。 業種やターゲットに応じたDM制作をハイクオリティー・低コストでご提供! 初めてのDM発送でもご安心ください。発送の仕組みやノウハウを一から懇切丁寧にご説明致します。 数多くの作業現場と熟練のスタッフを抱える強みで、急な案件、準備期間の短い案件にも対応いたします。 知識と手間が必要な広告郵便申請も当社にて行います。 ダイレクトメールの効果的な利用はジャパンメールへ