FAXによるダイレクトメールのデメリットとは

FAXでのダイレクトメールは、コストを抑えることができ、配信までもスピーディで見てもらえる可能性も高いといったメリットがある一方、次のような3つのデメリットもあるということを知っておいた方が良いでしょう。1つ目はカラー原稿を送信できない点です。FAXでの送信はモノクロのみの対応になるため、視覚的に訴えることが難しくなります。2つ目は情報量が限られてしまう点です。通常の原稿サイズはA4かB4のどちらかで送信枚数も1枚にしておくのがマナーです。そのため、限られた情報スペースで分かりやすくまとめる工夫が必要になります。3つ目は受け取り側の用紙やインクトナーを使用して送信することになるため、送信先からクレームが上がってくるケースが多いという点です。そのため、ある程度のクレーム処理を覚悟しておかなければいけないことと、ダイレクトメール拒否の受付方法も記載しておくなどの配慮も必要です。

郵送のダイレクトメールの欠点とは

他のダイレクトメールの送付方法に比べて、情報量が多いのが魅力の郵送タイプですが、活用を検討する際にはデメリットについてもしっかりと把握しておくことが大切です。具体的にデメリットとして挙げられるのがコストの高さです。郵送料を安くするための制度はいろいろありますが、郵送の場合は、送料に加えて印刷代や発送作業のための人件費なども上積みされてくるため、料金に見合った費用対効果を出せるかどうかをしっかりと検討することが大切です。また、企画から発送までには、リスト選びや印刷、封入作業などの数多くの過程を経なければいけないため、通常2~3週間程度の準備期間が必要になってきます。そのため、旬の情報を送るのには適していない面もあります。更に開封させる工夫をしないと、中身を見てもらえないままゴミとして処分されるケースも少なくないので、表面にアピールしたいコピーを入れたりすることが必要です。

ダイレクトメールは効果的です。

ダイレクトメールは直接本人に送られてくる手紙の事です。お店などでポイントカードを作った時とかに、住所を記入することになります。その住所をもとに、お得な情報がピンポイントで送られてきます。この人だけということで、ちょっとお得な情報になっています。お店の情報もあるし、商品の情報もあります。そうすることで、より的確にお客さんをお店に呼ぶことができます。情報が流出するという考えもあるのですが、この住所でないと、直接には情報はいかないです。他の人よりも早くいい情報を手に入れる事ができるのは、これに限ります。今は、スマホが普及しているので、こちらからでも情報を手に入れることは出来ます。でも、紙で残ってくれるので、このメールのほうが現地味のある内容となっています。その内容で、買うかどうするかということも決めたりします。